インテジャーズ

INTEGERS

数、特に整数に関する記事。

整数-7

線分の交点と七角形定理

私が大学生のときに個別指導の塾で指導していた生徒が次のような問題を考えてきました。問題設定 多角形の二頂点を結んで出来る全ての線分を考え、その線分の交点を取る。その後、多角形の頂点および得られた交点の中から二点を結んで出来る全ての線分を考え…

5, 7, 17, 19

相異なる4つの素数であって、どの3つを取っても和が素数となるようなもののうち、4つの素数の総和が最小となるようなものがです*1。 四つ子素数だとが最小のものです。 六つ子素数で同様の性質を満たす最小のものはでとなっています。www.alpertron.com.a…

方程式3^a+5^b-7^c=1

定理 (Leitner, 2011) 方程式の非負整数解はまたはのみである。証明. まず、の場合を考える。であれば となり、が従う。のときもで。ならとなって、大きさを考えれば。よって、以下 と仮定してよい。さて、を満たすであって −①が成り立つようなものがしかな…

フェルマーの最終定理解決への"グランドプラン"

Sophie Germainは1776年4月1日にパリで生まれた女性数学者です。彼女のよく知られた仕事はFermatの最終定理(FLT)への貢献です。彼女がFLTへ挑戦した時点ではの場合しか証明されていませんでした。なお、FLT()を証明したのはEulerでFLT()を証明したのはFermat…

ラマヌジャン映画『奇蹟がくれた数式』公開!!

ですから、を自然数の分割数としましょう。すなわち、を例えば非増加の順に自然数の和として分割するときの分割*1の総数がでした。より、が分かります。便宜的に、負の整数に対してとしておきましょう。の母関数はで与えられたことを思い出しておきます。Ram…

岩波科学ライブラリー253『巨大数』〜アッカーマン関数に関する合同式について〜

9/6発売の書籍鈴木真治著『巨大数』岩波科学ライブラリー253を購入しました。 一切のネタバレを嫌う方はこれ以降は読まれた後にご覧になってください。 この本は巨大数史をまとめた初めての本であり、 かなり古い時代に考えられた巨大数 自然科学に現れる巨…

フォーチュン予想

エイプリルフールに出した問題 integers.hatenablog.com の問1:問1 素数を順番に掛け合わせて足した数をEuclid数という*1:これらは偶然全て素数であるがは素数でない。それでは、以上の考察を受けて 「素数を個順番に掛け合わせて足し合わせると素数とな…

親愛なる素数7758337633へ。あなたが好きです。

Ramanujanの関数に関する非常に難しい未解決問題を紹介します。integers.hatenablog.comに掲載した数値例をみると、 の四つは「がの倍数である」という著しい性質を持ちます。しかし、以降は全然同じ性質を満たす素数が出現しません*1。このような素数は非常…

二重メルセンヌ素数

でMersenne素数を表します。が素数になっているとき、この数のことを二重Mersenne素数と言います。二重Mersenne素数は次の四つしか知られていません:,,,.五つ目の二重Mersenne素数の候補数はなのですが、この数は69京桁です。先日発表された世界最大の素数が…

非正則指数の世界記録

は知られている非正則素数に対する非正則指数の最大値です。非正則指数の定義と与えられた非正則指数を持つような素数の濃度に関する予想を integers.hatenablog.com で紹介しました。そこでは、4千万以下の素数に対する正則素数の濃度を紹介しましたが、Buh…