素数定理

は素数であり、かつ以下の素数の個数でもあります。以下の素数の個数をと表して、の値をいくつか見てみましょう*1: となっています。ちなみに、とは素数です。 以下の素数の個数はですが、かけそば代が168円という理由だけで毎日かけそばを食べていた時代がありました。さて、これらの数を見て何か法則性を見いだせるでし…