平方剰余の相互法則

という数を聴いて最初に次の合同式が思い浮かぶ人はまずいないでしょう。私も思い浮かべません(笑)。でも、一応という数が特徴的に現れる公式ではあります。 が3の倍数でなければ、が成り立つ。の倍数は二乗してもの倍数です。つまり、平方数をで割った余りは絶対にになりません。このことはいくつかの問題を解く際に非常…