144:フィボナッチ平方数

は平方数であるようなFibonacci数で最大のものです。この記事では次の定理の証明を解説します:定理(Cohn, 1964) が平方数となるのはのときに限る。すなわち、平方数であるようなFibonacci数はしかない。実は、この記事では証明しませんが、冪乗数となるFibonacci数はのみであることがBeugeaud…