二平方和の定理と一文証明、ヤコビの定理

で割った余りがであるような素数は必ず二つの平方数の和で書けます。 二平方和の定理 実際に、以下ので割った余りがであるような素数がそのような法則を満たすかどうかを確認してみましょう: と実際に二つの平方数の和で書けることが確認できました。もう少し大きい例を一つみてみましょう:これらを調べただけでは、いつか…