2:二平方和の定理と一文証明、ヤコビの定理

""という数をみて、最初に私が思い浮かべるのは「4で割った余りが1であるような素数は必ず2つの平方数の和で書ける」という法則です。 二平方和の定理 実際に、100以下の4で割った余りが1であるような素数がそのような法則を満たすかどうかを確認してみましょう:と実際に2つの平方数の和で書けることが確認できました。も…