インテジャーズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インテジャーズ

数、特に整数に関する記事。

素数定理の初等的証明(R(x)の評価編)

定理解説 素数定理

この記事は全四回にわたる『素数定理の初等的証明』の第三回目の記事です:

integers.hatenablog.com
integers.hatenablog.com

引き続きp, qは素数、漸近挙動はx \to \inftyのみを考えることとし、R(x)R(x):=\vartheta (x)-xによって定義する。『素数定理の初等的証明(予告編)』の最後の大雑把な証明方針で述べたように、

\displaystyle |R(x)| < \alpha_1x \Longrightarrow |R(x)| < \alpha_2 x \Longrightarrow |R(x)| < \alpha_3 x \Longrightarrow \cdots

R(x)に関する評価をどんどん改善していくことによって素数定理を証明するのであった。この改善のためのキーとなるR(x)に関する評価を前回証明したSelbergの漸近公式を用いて与えることが今回の記事の目標である。すなわち、次を証明する:

命題
\displaystyle |R(x)| \leq \frac{1}{\log x}\sum_{n \leq x}\left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| + O\left( \frac{x}{\sqrt{\log x}} \right).

証明. Selbergの漸近公式より

\displaystyle (x+R(x))\log x +\sum_{p \leq x}\left( \frac{x}{p} + R\left( \frac{x}{p} \right) \right) \log p = 2x\log x+O(x)

であり、Mertensの第一定理より

\displaystyle R(x)\log x = -\sum_{p \leq x}R\left( \frac{x}{p} \right) \log p + O(x) ―①

が得られる。また、前記事の系2より

\displaystyle (x+R(x))\log x = \sum_{pq \leq x}\left( \frac{x}{pq} +R\left( \frac{x}{pq} \right) \right) \frac{\log p\log q}{\log pq} + O(x\sqrt{\log x})

であり、

integers.hatenablog.com

で証明した漸近公式6と合わせることによって

\displaystyle R(x)\log x = \sum_{pq \leq x}R\left( \frac{x}{pq} \right) \frac{\log p\log q}{\log pq} + O(x\sqrt{\log x}) ―②

を得る。①、②より

\displaystyle 2|R(x)|\log x \leq \sum_{p \leq x}\left| R\left( \frac{x}{p} \right) \right| \log p + \sum_{pq \leq x}\left| R\left( \frac{x}{pq} \right) \right| \frac{\log p\log q}{\log pq} + O(x\sqrt{\log x})

と評価できる。この右辺を更に上から評価することを考える。

r(x)

\displaystyle r(x):=\vartheta (x)+\sum_{pq \leq x}\frac{\log p\log q}{\log pq}-2x

と定める。このとき、自然数nに対して

\begin{equation}\begin{split}&r(n)-r(n-1) \\ &= \left( \vartheta (n)+\sum_{pq\leq n}\frac{\log p\log q}{\log pq}-2n \right) - \left( \vartheta (n-1)+\sum_{pq \leq n-1}\frac{\log p\log q}{\log pq} -2(n-1) \right) \\ &= \begin{cases}\log p & (n=p) \\ 0 & (\text{otherwise})\end{cases}+\begin{cases}\frac{\log p\log q}{\log pq} & (n=pq) \\ 0 & (\text{otherwise})\end{cases}-2 \end{split}\end{equation}

なので、

\begin{equation}\begin{split} &\sum_{p \leq x}\left| R\left( \frac{x}{p} \right) \right| \log p + \sum_{pq \leq x}\left| R\left( \frac{x}{pq} \right) \right| \frac{\log p\log q}{\log pq} \\ &= \sum_{n \leq x}\{ 2+r(n)-r(n-1)\} \left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| \\ &= 2\sum_{n\leq x} \left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| + \sum_{n \leq x}r(n)\left\{ \left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| - \left| R\left( \frac{x}{n+1} \right) \right| \right\} + r([ x])\left| R\left( \frac{x}{[ x ] +1} \right) \right| \end{split}\end{equation}

が得られる。Chebyshevの定理よりR(x)=O(x)であるから、一番下の式の二番目の和のn=1である項は

\displaystyle r(1)\left\{ |R(x)|-\left| R\left( \frac{x}{2} \right) \right| \right\} = O(x)

である。よって、前回の記事の系1より\displaystyle r(x) = O\left( \frac{x}{\log x} \right)であるから、

\begin{equation}\begin{split}&\sum_{n \leq x}r(x)\left\{ \left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| - \left| R\left( \frac{x}{n+1} \right) \right| \right\} \\ &= O(x) + O\left( \sum_{2 \leq n \leq x}\frac{n}{\log n} \left| R\left( \frac{x}{n} \right) - R\left( \frac{x}{n+1} \right) \right| \right)\end{split}\end{equation}

が成り立つ*1。ここで、

\begin{equation}\begin{split}\left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| &\leq \vartheta \left( \frac{x}{n} \right) - \vartheta \left( \frac{x}{n+1} \right) + \left( \frac{1}{n} - \frac{1}{n+1} \right) x \\ &< \vartheta \left( \frac{x}{n} \right) - \vartheta \left( \frac{x}{n+1} \right) + \frac{x}{n^2} \end{split}\end{equation}

なので、

\begin{equation}\begin{split}&\sum_{2 \leq n \leq x}\frac{n}{\log n} \left| R\left( \frac{x}{n} \right) - R\left( \frac{x}{n+1} \right) \right| \\ &\leq \sum_{2 \leq n \leq x}\frac{n}{\log n}\left\{ \vartheta \left( \frac{x}{n} \right) - \vartheta \left( \frac{x}{n+1} \right) \right\} + x\sum_{2 \leq n \leq x} \frac{1}{n \log n} \\ &= \frac{2}{\log 2}\vartheta \left( \frac{x}{2} \right) + \sum_{3 \leq n \leq x} \left\{ \frac{n}{\log n}-\frac{n-1}{\log (n-1)} \right\} \vartheta \left( \frac{x}{n} \right) + x\sum_{2 \leq n\leq x} \frac{1}{n\log n} \\ &= O(x) + O\left( \sum_{3\leq n \leq x}\frac{1}{\log n}\frac{x}{n} \right) + O(x\log \log x) \\ &= O(x\log \log x) \end{split}\end{equation}

と変形できる。ただし、Chebyshevの定理と
integers.hatenablog.com
で証明した漸近公式5を用いた。

また、Selbergの漸近公式により

\displaystyle r([ x])\left| R\left( \frac{x}{[ x ]+1}\right) \right| = O\left( \frac{x}{\log x} \right)

である。従って、

\displaystyle \sum_{p \leq x}\left| R\left( \frac{x}{p} \right) \right| \log p + \sum_{pq \leq x}\left| R\left( \frac{x}{pq}\right) \right| \frac{\log p\log q}{\log pq} \leq 2\sum_{n \leq x}\left| R\left( \frac{x}{n} \right) \right| + O(x\log \log x)

が得られた。証明の最初に得た評価式と合わせることによって、所望の評価の証明が完了する。 Q.E.D.

この命題の評価式は、Selbergの漸近公式に比べて、R(x)以外の部分には\log pにような素数が裸で現れる項は現れない形になっています。この不等式自体が美しく、証明もエレガントだと感じました。

次の『素数定理の初等的証明(完結編)』で、この不等式を利用することによって素数定理の証明を完結させます。

*1:ビッグオーの取り扱いには微妙な問題がある。というのも、例えば

\displaystyle \sum_{k=1}^nO(1)=O(n)
は一般には成り立たない。しかしながら、左辺に現れるO(1)を一つの絶対定数で一様に押さえられる場合には成立する。このように、ビッグオーを定義通りに扱うと成り立たない式であっても、定数の一様性や不等式の成立する範囲によっては成立することがあり得る。素数定理の証明においてもビッグオーは「省略記号」としての色が強く、実際には定数や範囲を気にしないといけない変形を行っている部分もあることに注意する。